草加市で家の建築や注文住宅、新築一戸建てをお考えなら、地元工務店の大地コーポレーションへ。草加市の土地もございます。

オーナーボイス
  • 草加市 K様
    草加市 K様

    草加市で夢のマイホームを建築されたK様より、お喜びの声をいただきました!この度はおめでとうございます♪

最新不動産情報
We are 大地コーポレーション
代表挨拶
代表芹澤の挨拶とプロフィールです。
会社案内
草加駅より徒歩2分!
お気軽にお立ち寄り下さい♪
スタッフ紹介
大地コーポレーションファミリーをご紹介いたします♪
社長ブログ
当社代表の芹澤がつづる日々奮闘記をご覧下さい!
大地コーポレーションの建築施工集団
「匠」をご紹介致します。
日本住宅保証検査機構

家づくりの流れ

  1. 01

    お顔合わせ ~家づくりスタート~

    初めてお客様と私たちがお顔を合わせることになります。お客様におかれましては、大きな一歩を踏み出された初日であり、期待と不安が混合するお気持ちと思われます。私たちもこれからお客様と一生のお付き合いが始まるのですから、とても晴れやかな気持ちとともに、その責任を噛みしめる大切な時間となります。さぁ、夢の実現に向けスタートしましょう!

  2. 02

    お客様の「夢」をお聞かせください ~ファーストミーティング~

    注文住宅は文字通り「ご注文をいただき創りあげる住宅」です。よって、既定のプランに少しエッセンスを加えるのではなく、“ゼロ”から図面を描き起こしていきます。まずは敷地のこと、ご予算のことなどを一旦忘れて、お客様の“住まいに対する思い”をお聞かせください。その思いを基に、お客様の「夢」を私たちが一緒に膨らましていきます。工程が進行していく中でご要望に変化があった際も、どんどん仰ってください。その都度、ご要望に合わせてスタッフがご提案させていただきます。

  3. 03

    エリアを決める ~土地のご相談から地盤調査~

    住宅建設用地をお持ちでない場合、ご要望をお聞かせいただければ当社でご案内いたします。また、当社で所有している土地もございますので、ご要望に合えば、そちらをご検討いただくことも可能です。また、既にご検討されている土地がお有りになる場合、建物のご要望と照らし合わせることで、最適な土地か否かご案内いたします。建替えの場合は建物の解体に関するご相談や、再建築における規制がある場合のご相談なども承ります。土地が決まれば、地盤沈下や液状化などのトラブルに陥らないよう役所に赴き、その土地のデータ(歴史)を遡って調査いたします。

  4. 04

    夢を形に ~プランニング(設計)~

    夢を現実に創造する工程は、いよいよプランニング(設計)に入ります。まず、お客様からお聞かせいただいたご要望や建設する土地の情報を踏まえて、“優先順位”を決定しましょう。優先順位が決まっていると進行がスムーズです。当社ではプランニングの段階でもより具体化したイメージを持っていただけるように、二次元の平面図だけでなく“住宅模型パース”を作成しております。イメージを具体化することでお客様のご要望が変化することもございますが、効率よく設計を進めるだけでなく、より“理想に近づく”ためにも非常に有効です。お客様がこれまでに感じたことのない感動を、まずはプランニングで体験してください。

  5. 05

    確かな資金計画を ~お見積り~

    これまで“建物標準価格”という言葉をお聞きになったことがございませんか?この“建物標準”は、業界全体で共通の基準があるのではなく、住まいを提供する企業独自で設定することができるので、内容は企業ごとに異なります。「●●●万円で建てる!」のように非常に安価で目を惹く広告を目にすることがありますが、プラン内容を見ると、建築にあたり必ず必要となる要素が満たされず、それらはオプションとなっている場合がございます。仕方なく付加すると、上記●●●万円で資金計画をしたいた場合、大きな計画変更を余儀なくされることとなり、計画そのものを見直すことになり兼ねません。そういったトラブルを避けるためにも、ここでご提出するお見積りは、“大まかなお見積り”ではございません。プランニングの段階で詳細まで決定するので、工程が進む中での仕様変更や追加工事を防ぐことができるのです。ご注意いただきたいのは、塀などの外構工事は含まれない「建築工事見積書」となります。ご契約時のプランに変更がなければ、お見積り額はここでご提出する額から1円の変更もございません。加えて、建築確認申請費用から住宅ローン関連費用や税金などの諸費用まで併せてご案内いたします。

  6. 06

    新生活を思い描きながら ~設備・仕様決定~

    先のお見積りでご提示した建築工事費用と、その他の必要工事費用を合わせて、「建てる」ために必要なトータル費用を算出します。これを踏まえ、お客様のご予算と照らし合わせながら、住宅設備や仕様を考えていきましょう。ここでも、予め「欲しい!」と思う設備の“優先順位”を決定しておくとスムーズに進行できます。ご家族皆様で“今とこれから”をイメージしながらお話しいただくと、きっと楽しいひと時となることでしょう。ここでご決定いただいた内容を基に、最終プランをまとめます。そしていよいよ建築に向けてお客様と私たちのスケジュールを調整し、ご契約に向けた実施図面の作成となります。

  7. 07

    夢から現実へ ~ご契約~

    ここでお客様と私たちの間で、建築請負契約を締結させていただきます。ご契約に至るまでに、既に数々の思い出ができたのではないでしょうか。私たちもこれから始まる家づくりを前に逸る気持ちを抑え、ここでいま一度、建物の構造や工法、設備・仕様のご説明をさせていただきます。これはお客様に一点の不安もなくご契約いただくために行っております。

  8. 08

    緊張のひと時 ~地鎮祭から着工へ~

    “地鎮祭”はこれから始まる工事の安全と、住まいが末永くその場所に有り続けることができるように願うお祭りです。その土地の神様を尊び、敷地をお清めします。一般的に「神式」で行われますが、特に決まりはないので宗教は自由となります。初めての土地でお客様から神社の特定が無い場合は、私たちが近隣の神社へお願いしてまいりますので、お申し付けください。地鎮祭終了後、近隣の方へご挨拶に回れるのもいいでしょう。その後、地盤調査~基礎工事の流れで進行します。

  9. 09

    建ち上がる様は壮観 ~上棟~

    上棟は、“建前(たてまえ)”とも言われます。建物で最も重要となる柱、梁などが組み上がり、最後に建物の最上部にあたる“棟木”が上がった状態となります。上棟したことをお祝いし、これまで携わった職人さんに対する感謝の意味を込めて、“上棟式”を行います。(必須ではございません)現在の上棟式は儀式というよりも、職人さんをもてなす“お祝い”の意味が強くなっております。

  10. 10

    日々高まる期待感 ~各種工事~

    上棟後は、木工時、外壁工事、内装工事、外構工事と進みます。工事期間中は、是非現場をご覧ください。これまで描いてきたイメージが現実のものとして見ることができるので、ご要望が変化することもあるかもしれません。仕上がっていく中で、変更対応できることもございますので、実物を見ていただきながらお打合せをいたします。お時間の許される限り足をお運びいただければと思います。完成までもうすぐです!

  11. 11

    夢が現実になる瞬間 ~建物完成~

    工事完了後、すぐに検査を行います。建築基準法に基づいて、特定行政庁若しくは第三者機関による“完了検査”を行います。加えて当社のスタッフとお客様とで、図面どおりに完成しているか、設備が正しく動作するかなどをチェックいたします。万一不具合がある場合は、すぐに改修いたします。全ての検査とチェックをパスしたら、ついに『完成』です。私たちも長年建築に携わっておりますが、この瞬間はいつも新鮮で、何度経験しても大きな感動を覚えます。お引渡しの日が待ち遠しく感じ、一刻も早くお客様にご覧いただきたいと思う時間でもあります。

  12. 12

    新しい生活が始まります ~お引渡し~

    完了検査に合格すると、ついに“お引渡し”となります。初めてお会いさせていただいてからこの日を迎えるまで、お楽しみいただけましたでしょうか。お引渡しでは、水まわりなどの設備使用方法やメンテナンス方法などをご説明するとともに、保証書関連の書類と鍵などをお渡しいたします。最後に、“建物引渡書”にご捺印いただき、お引渡し完了となります。これより新居での生活が始まります。これから始まるご家族の様々なストーリーを、この住まいも共にします。心和む温かなシーンを数多く演出する、活気ある賑やかな家であり続けることを、心より願っております。

  13. 13

    何でもご相談ください ~アフターメンテナンス~

    初めてお会いした際にお話しさせていただいた通り、お客様とは住まいを通して一生のお付き合いをさせていただくのが私たちのポリシーです。これは住まいを提供するものにとって当然の責務であると同時に、ずっと安心してお住まいいただくためにはメンテナンスを疎かにできません。また時間の経過とともに状況が変化することで、快適さの感じ方も変化するものです。住まいに関し、日々の生活の中で発生しうる不具合などに限らず、些細なことでも何なりとご相談ください。私たちも定期的にご訪問させていただければと思います。詳しくは、「アフターメンテナンス安心ガイド」をご覧ください。